『九州イタリア料理協会』の発足式が各種マスコミに取り上げられました!


2015年4月23日(木)に九州イタリア料理協会が発足しました!


福岡市中央区大名にある


【iL Bravo イルブラーボ】


にて、日本のイタリアンにこの人あり!!

と言われている3名の重鎮が揃ってでは九州初となる料理の実演講習会も開催されました。



その3名の方とは、

日本一予約の取れないレストランとして有名な、

LA BETTOLA (ラ・ベットラ)のオーナーシェフで、

NHKの『あさイチ』に出演されたり、

『ちゃんと作れるイタリアン』などの著書もある

日本イタリアン協会会長の落合務シェフ。



「もしイタリアに京都という州があったら、こんな料理があったかも」


をコンセプトにした京都発の本格派イタリアンを提供し、

京野菜をふんだんに取り入れた”笹島流”で女性から絶大な支持を集め ている人気店

IL GHIOTTONE(イル・ギオットーネ)のオーナーシェフ、

笹島保弘シェフ。



 素朴で力強いイタリア郷土料理の魅力を打ち出しながら、

都会的な洗練スタイルに仕立てた東京流イタリアン

「クチーナ・トキオネーゼ」を確立した

ACQUAPAZZA(アクアパッツァ)のオーナーシェフ、

日高良実シェフ。


お二方とも落合シェフ同様にNHKの今日料理などにも紹介されてあり、

超絶人気の方々なんです。




そんなイタリアンの巨匠3名をもお招きすることができるほどの方が、

iL Bravo(イル・ブラーボ)のオーナーシェフで、

今回の九州イタリア料理協会の発起人である渕上誠剛シェフ。



来年で40歳になられる渕上シェフは、九州のイタリア料理会では中堅どころ。

イタリア料理会の先輩方に時に厳しく、時に優しくご指導していただき、

来年40歳を迎える節目にイタリア料理会に、

しかも九州のイタリア料理会にご恩返しがしたい! という思いと共に、

九州の若手イタリアンシェフをもっと元気に!

そして素晴らしい九州の食材たちをイタリアンというフィルターを通して、

日本にそして世界に広めて、


『九州イタリアン』


というものを確立したい! という思いも込めて、

今回の設立の運びとなったそうです。


(写真の一番右端が渕上シェフ)


美味しい食材を見つけた場合、他店との差別化を図るために通常は、


「自分だけのお店におろして欲しい!」


と願うところでしょうが、

渕上シェフは九州イタリア料理協会会員でその食材をシェアしたり、

それぞれが考案したレシピなどもシェアして、

共に発展していこう! という大義を持ってある方なのです。



そういった男気に溢れ自分のためではなく、

イタリア料理会や九州のために設立された協会でもあり、

日本のトップイタリアンシェフと呼べる方々が実演講習も行われるのであれば、

絶対に話題にもなるしマスコミ受けもイイと感じたので、

マスコミ各社に設立イベントの告知をするお手伝いさせていただく運びとなりました。




元々、福岡の地元紙である西日本新聞さんは取材に来られる予定だったそうですが、

プレスリリースをお送りしたことでテレビなどのメディアも5社ほど取材に来てくださり、

設立イベントに華を添えることがデキたようです!!

0コメント

  • 1000 / 1000

ウリアゲ☆デザインラボ

ご自身やご自身がお持ちのヒト・モノ・トコロ・コトについて、 いつも接しているご本人が気づかれてない魅力や隠れた資産を掘り下げ、掬い上げ、 その魅力や資産をヒ・モ・ト・コう(紐解こう)!をミッションに、 主に福岡県・九州の企業の集客アップと売上アップのためのコピーライティングや販促物の作成、 プレスリリース(0円広告)、セミナー・イベントのプランニングやプロデュースなどを事業領域としております。