アメフト歴は19年。厳ついヒゲ面で毛髪の薄ぅーい私が書いたオシャレな美容室のコピー

訪れた方々を美しく仕上げる美の園『美容室』とは対極にある、

オッサンフレグランス満載な私が書いた、

ヘアーテラスさんのランディングページ用のコピー。


髪の毛が薄くなる前から基本的ににはずっと短髪で、

大学4年間は体育会のアメリカンフットボール部に所属しており、

オスと呼ぶのが相応しい厳つい男どもの中でずっと過ごしてきた私こと、

久野洋イチ。


女性の気持ちが分からないからでしょう、

残念ながら47歳になるこの年まで1回も結婚をせず(デキず・・・)、

髪の毛も自分でバリカンで切るというより刈っている私が、

ナゼ女性がターゲットの美容室のコピーを書くコトがデキたのか。


それは、

ヘアーテラスさんで髪を切ったりパーマをかけたり、

セットをしていただいたコトのあるお客様にアンケートを実施したから。


そのアンケートも、

美容室で受けた施術について、

髪の毛の見た目がどんな風に変化したかということだけでなく、

その施術を受けたコトでどんな気持ちになったのか


というコトを具体的に教えてください。

とお願いしたのです。

このどんな気持ちになったのかという質問が非常に重要で、

見た目のことや触った感じも重要な要素ではありますが、

それは写真で十分わかりますし、

触った感じは分からなくてもそれを表現するコトバとしては、


  • ふんわり

  • なめらか

  • さらさら

  • つるん

  • しっとり

など、

一般的に売られているシャンプーの仕上がり感に使い古されていて、

その感触は当たり前に想像することができ、


『この施術を受けてみたい!』


と思っていただけるコトはないと思うのです。



よく言われることですが、

感じて動く『感動』という言葉はあっても、

理屈で動く『理動』という言葉はないと。

では感じて動いていただくには、

この場合ですと


『この美容室で施術を受けてみたい!』


と思っていただくには、

どのようなことをお伝えするとそう思っていただけるかを考えた際、

施術を受けた後にどのような気持ちになったかをお尋ねすれば、

「自分もそういう風になってみたい!」と思う方がいらっしゃるはず。

という仮説を立ててみたのです。


そのために施術を受けてくださった方にアンケートを実施し、

見た目や髪を触った感触を、

「つるん」や「ふんわり」などの使い古された直接的表現ではなく、

コピーを読んでいただいた方の想像を掻き立て、ワクワク感を膨らませることで、

「自分もそういう風になってみたい!」と思えるキーワードを、

実施したアンケートの中からいくつも見つけることができました。


『どこかに出かけたくなる』


『今から友達に見せに行こう』


このような気持ちになるのって絶対にネガティブな気持ちではなく、

間違いなくワクワクしてハッピーな気持ちの状態な時にしか、

こんな行動はとらないですよね。絶対に。


そんな気持ちになる見た目って、

そんな気持ちにしてくれる髪質って一体どんなものなんだろう?

とご興味を持ってくださったり、

是非とも自分もこの施術受けてみたい!自分もそんな風になってみたい!!と、

厳ついヒゲ面のオッサンで毛髪の少ない私でさえ、

そのように思ったのでコピーに採用することにしました。



ご自身や会社のこと、商品やサービスの特徴やメリットは一体なんだろう?

どうすれば特徴やメリットを伝えることができるだろう??

とお悩みの方は、是非とも既にご自身や会社のことをよくご存知のお客様、

既に用品やサービスを愛用されてファンとなってくださってある方々に、

以下のようにご質問なさってください。


私の会社の商品やサービスをナゼ選ばれましたか

私の会社の商品やサービスの良い点を
3つ教えてください


私の会社の商品やサービスを利用されたり受けてみて
どんな気持ちになりましたか


普段ご利用いただいているお客様は、

こんなところをメリットと感じてくださってるんだ!と、

ご自身では当たり前すぎて気づかなかった、

商品やサービスの新たな魅力が必ず見つかりますから。

0コメント

  • 1000 / 1000

ウリアゲ☆デザインラボ

ご自身やご自身がお持ちのヒト・モノ・トコロ・コトについて、 いつも接しているご本人が気づかれてない魅力や隠れた資産を掘り下げ、掬い上げ、 その魅力や資産をヒ・モ・ト・コう(紐解こう)!をミッションに、 主に福岡県・九州の企業の集客アップと売上アップのためのコピーライティングや販促物の作成、 プレスリリース(0円広告)、セミナー・イベントのプランニングやプロデュースなどを事業領域としております。